スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とあるマトンの回想録3

12-21,2008

20になって赤マトンをゲット。
次は魔法スキルを挙げる日々。
どうやって覚えたかはしらんが、ケアル2を覚えてからは大分楽になる。

赤マトンゲットに伴いからくりサイトに載っていた楽にミミズを倒す方法を試してみる。
やり方は
1、赤マトンに挑発アタッチメントをつける。
2、初撃にサイレスいれるように調整(初めは風マニュを入れる)
3、マトンをミミズの通常攻撃範囲外に置く。
4、本体は殴れ!マトンは定期的に挑発させる。

これで、タゲはマトンにいって本体は無傷でウマーなことができる。
・・が、確かに倒せるんだけどマトンが消化液喰らったりラスプくらったりと、ヒーリングの時間がかかってあんまり効率よくなかった。
結局は射撃でガンガン攻めたほうがよかったり。

lv23あたりで野良PT組んだような。
ほぼ青くなってた射撃でPT入ったんだが、そこでマトンつえーと言われる快感に目覚める。
だが多くの人はチャットフィルターかけてるからあんまり気づいてくれない罠。
PTに入れてください。あと、マトンにタゲいったらなるたけ離してください・・

lv28からは待望のケアル3。
これでかなり本体の持久力アップしたんだけど、マトンのMP効率が悪くなってきた。
ここで出し入れによるMP管理を本格的に学ぶように。
出し入れとはHP100%ならマトンをしまった後に即呼び出せるということ。
呼び出したらMPは全回復する。
このころだと、バブルシャワーによる若干の被ダメによりしまえないことが多いのでストンスキンなどを張って対処。しまうときのHP確認は慎重に。
戦闘中に出し入れするときは敵のWS後に行おう。

というわけでケアル3の制御をしているうちに30になってたような。
やれることが増えてきて、比較的楽しめたレベル帯だった。
30からは白兵の新アタッチメント。一番使えないけど一番カッコイイ。
白門に戻って発注するのであった。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。